勃起障害はなぜなるか

勃起障害になる理由は、心因性、器質性、そして薬剤性が主には挙げられます。
年齢が原因になると思われている方も多いかもしれませんが、年齢による機能低下はそれほど重大な原因にはなり得ません。
また勃起障害は遺伝するものではありません。ただしなりやすい体質と言うのは遺伝されるものだと言えます。
まず心因性ですが、これは性的な事柄に対する嫌悪感やプレッシャー、過去の経験による精神的ダメージ、また過度なストレスや疲れなどによる性的刺激に対する感度の低さなどが挙げられます。
性的刺激をじゅうぶんに受け取ることは、勃起が実現されるうえでのスタート地点とも言えることですから、そこに支障が発生すると勃起障害が出やすくなります。
それから器質性ですが、これは神経系や血管に対する、病気やケガを原因とした機能低下、状態悪化が挙げられます。
性的刺激を受け、陰茎海綿体の動脈が広がり、じゅうぶんな量の血液がそこに流れることが勃起においては必要なことですから、そこに支障が発生すると勃起障害が起こることもあります。
たとえば頭部や脊髄に受傷した場合や、糖尿病を患って神経系に支障が発生した場合、あるいは高血圧や動脈硬化などで血管の状態が悪化した場合などがこれに該当します。
また明確な病気やケガがなくても、生活習慣の乱れでそれに近い状態になっているため勃起障害が起きているというのも考えられることです。そしてこの中でも特に高血圧に関しては、遺伝との関連が明確になっていますから、親が高血圧であればその子供も高血圧の素因を持っていると言えます。
そして薬剤性は、病気やケガの治療のために服用している薬の副作用で勃起障害が出てくると言うものです。
特に神経系や血管に対して作用を持っている薬に関しては、一定の割合で副作用として勃起障害が出てくることも明らかになっています。

■最寄のED治療病院を探しましょう
全国のED治療病院
■通販で誰にもバレずにED治療を!
カマグラは通販でお求めを

ページトップへ